総量規制を受けないキャッシングもある

無人機でお金を借りる

キャッシングカードローンだとだと、総量規制をすべて受けると思っている方もいるようですが、

 

消費者金融でも、実は総量規制に入らないところもあります。

 

なぜかと言うと、金融商品で総量規制を受けるかどうかではなく、銀行かどうかで変わるからです。

 

つまり、同じ消費目的の借り入れでも、銀行から借りると、総量規制の適用を受けないのです。

 

そして、今は銀行自らが消費者金融商品を直接出しているところもあります。

 

別会社で、銀行系列の消費者金融は、総量規制を受けますが、銀行本体が直接、提供している場合は、対象にならないのです。

 

ですから、傘下の金融会社を取り込んでサービスを提供している銀行の消費者金融商品は、総量規制を受けずに借入できるのです。

給料日前に数万円だけ借りるのだったら、無利息がいい

給料日前にちょっとお金が足りない。欲しいものが、今じゃないと高くなってしまうとかいう時どうするか・・・

 

リボ払いと言う手もありますが、利息が高いので、せっかく安く手に入っても、意味がなくなります。

 

金利が15%前後つくことがほとんどだからです。

 

だったらどうするかと言うと、無利息期間があるカードローンでキャッシングして買えばいいのです。

 

手間のように思えるかもしれませんが、ノンバンクのカードローンで5万円直ぐ借りるなんて簡単です。

 

1時間もあれば申込からキャッシング迄できてしまいます。もちろん無利息期間がなければ、金利は結構高いので、リボ払いとたいして変わらないので、意味がありませんけれどね。

 

銀行のカードローンでも、例えばレイクなどは、5万円までならば180日間無利息なんてカードローンもあります。

 

ただし、銀行のカードローンとしては金利が高いので、無利息期間をれ要しないのであれば、あまり意味間はありませんけれどね。

 

社会だけ30日間無利息になるカードローンは3つぐらいあるので、うまく利用すれば、リボ払いをするよりもずっと得です。

 

もちろん次の給料日に一括返済するなど、2ヶ月以内で返済しなければ、無利息期間が有っても金利は高いのであまり意味はありませんけれどね。

 

もし土日や休日など急に科尾根が必要な場合については、こちら「土日融資可能」で借りる方法を確認してください。

 

ローン借り換えで見直し

ゼロ金利政策のまま金利が上がらず、出口が見えない日本の金利ですが・・・

 

長い目でみれば、数年後には高くなっているのではないかと思います。

 

変動金利で借りているひとは、早めに長期固定の住宅ローンに借り換えしておいた方がいいのではないかと思います。

 

そのほかにも色々なローンがありますが、例えばビジネスローンなど、事業資金などを借りている人も、もし少しでも安い金利のところがあれば、借り換えた方が得策でしょう。

 

物価上昇がみこまれるなかでは、やはり金利は上昇していかざるえないと思いますので、金利の急激な上昇が来る前に検討しておくべきでしょう。

 

また、これから住宅ローンを組んで住宅購入をと考えている方は、さっさと、住宅ローン事前審査をうけておきましょう。

 

金利のこともありますが、今年で、住宅ローン減税も終わりになるので、かけこんでおいた方が得です。

 

景気浮揚策として、住宅ローン減税の継続が件とうけされてはいますが、規模を縮小することにはなるので、速い方が得なのは確かだと思います。

 

そうそう、税源移譲で、住宅ローン控除が減ってしまうことがあるので、確定申告で住宅ローン控除を受けている人は、税務署で、地方税からの控除も受けられるように届け出をだしましたか?

 

出していないと実質増税を被ることになっるのです。

 

生活費などの借り換え

一般的な借入債務の、借り換えはカードローンでもできまます。

 

カードローンの場合は、借り換え手数料などはありません。

 

借り換え専用カードローンでなければ、枠ないであればいつでも現金か借りられます。