保険見直し記事一覧

死亡保障を終身にしていても、負担が重くなるでけです。とくに、たいていの保険では、定年後の保証額はかなり下がります。家族のための死亡保障ですが・・・本当に必要なのは、子供が成人するまでです。ですから、その間だけ手厚くするために、掛け捨てで定期にするのが得策です。

連続して起こった竜巻による被害。地震や津波などに比べれば、狭い範囲ですが・・・・自身の家が阪堺、全壊したら、範囲なんて関係ありませんよね。火災の場合はたいてい火災保険に入っていて、再建できるでしょうが、竜巻ってどうなんだと心配になったと思います。実は火災保険にはもともと風水害は保証の範囲には入っていますので、たいていの場合は全く保険金が出ないという事はないでしょう。

多くの人が、自分がどのぐらいの保険料をはらっているのか知らないと思います。とくに会社員の人は、所得税の確定申告をすることがあまりないと思いますので、自営業者ならば控除の対象となる損害保険料や生命保険の支払額の計算なんてしませんからね。もし、月に3万円以上払っていたら、即保険の見直しを考えたほうがいいと思います。だいたい自営業者は、そんなに余裕がないですから、たいてい3万円以内には抑えいる思います。...