まずは、年間の保険料金の見直し

多くの人が、自分がどのぐらいの保険料をはらっているのか知らないと思います。

とくに会社員の人は、所得税の確定申告をすることがあまりないと思いますので、

自営業者ならば控除の対象となる損害保険料や生命保険の支払額の計算なんてしませんからね。

もし、月に3万円以上払っていたら、即保険の見直しを考えたほうがいいと思います。

だいたい自営業者は、そんなに余裕がないですから、たいてい3万円以内には抑えいる思います。

自営業者より公的な保障が充実している会社員こそ、保険は無駄にかけない方がよいわけですが

年間50万円以上平均で払っている人が多いそうです。
とくに、国内の生命保険会社の昔ながらの2階建て式の生命保険に入っている人は、上澄み分は、掛け捨てになっているのに、終身のようなつもりで支払っていたりします。

それが30年もたてば、1500万円ぐらいの貯金になっていたと考えると、これほどもったいないことはないと思います。

以前は、死亡保険とか、入院保険とか、がん保険とか、医療保険とか・・・各保険の単独加入ができず

全部ひっくるめて生命保険に入っていたと思います。

今心配なのは、老後の資金と、入院したときの入院費用などだと思います。

ですから、がん保険に入院保険を情実させて、死亡保障は子供が成人するまでの定期にして、なるべく月の支払いをおさえて、その分老後資金として資産運用などにのをしたほうがいいでしょう。

今まで、保険の見直しを考えずにサラリーマンしていた人は、改めて見直すと、どんなに無駄していたか気づいて驚くことでしょう。

関連ページ

死亡保険の見直し、定期にすると激減する
保険、年金、ローンの見直しから家庭菜園で食の見直し、太陽光発電で光熱費の見直しなど、あらゆく暮らし生活の見直しをまで考えていきます。
竜巻は火災保険や共済で保障されるの?
保険、年金、ローンの見直しから家庭菜園で食の見直し、太陽光発電で光熱費の見直しなど、あらゆく暮らし生活の見直しをまで考えていきます。