死亡保険の見直し、定期にすると激減する

死亡保障を終身にしていても、負担が重くなるでけです。

とくに、たいていの保険では、定年後の保証額はかなり下がります。

家族のための死亡保障ですが・・・

本当に必要なのは、子供が成人するまでです。

ですから、その間だけ手厚くするために、掛け捨てで定期にするのが得策です。

死亡保険を掛け捨てに見直すとかなり得、毎月の保険負担が激減するはずです。

消費税アップなどどんどんます負担に耐えるには、保険をけずっと支出を抑えるしかないと思います。

これからは、必要な時期だけ掛け捨てで保険を定期でかけるという保険の見直しの考え方が必要だと思います。

関連ページ

竜巻は火災保険や共済で保障されるの?
保険、年金、ローンの見直しから家庭菜園で食の見直し、太陽光発電で光熱費の見直しなど、あらゆく暮らし生活の見直しをまで考えていきます。
まずは、年間の保険料金の見直し
保険、年金、ローンの見直しから家庭菜園で食の見直し、太陽光発電で光熱費の見直しなど、あらゆく暮らし生活の見直しをまで考えていきます。