家庭菜園初心者は、市民農園より体験農園がいい

ブームというよりももう定着しているといっていいかもしれない家庭菜園生活。

NPOや、自治体が、市民農園を貸し出していますが、結構な人気でなかなか空きがないようです。

最近は、民間や農家が体験農園などを用意していて、少し高めですが、体系農園だと、週に1回行くか行かないか程度でも収穫が楽しめ目ます。

直接農家にかりる場合はかなり安く借りられますが・・・農家としては知らない人に貸してろくに除草のしないで放置されたり

ごみを持ち込まれたり、貸したはいいがなかなか返してくれなかったりする人もいて、それらが心配なので誰にでも貸してくれるわけではありません。

ですから、借りる料金も月数千円はかかると思います。

ですから、そのぶん、スーパーで購入したほうが安いわけです。

さらに肥料などを考えると、かえって高くつくでしょう。

それでも自分で作物を育てるというのは、とてもいいことだと思います。

体験農園などでは、野菜の育て方なども教えてくれますので、試しに1年ぐらいやってみてはどうかと思います。

市民農園だと、全部自分でやらなければならないので家庭菜園初心者は、ロクに食べられるものが育てられなかったり、除草の大変さを知ったり、また、隣接の菜園利用者に迷惑をかけたりいろいろあると思います。

また農具も自分でそろえて持参しなければなりません。体験農園だと農具や水は用意されていますし、空いている畑は、スタッフが管理して、除草し、他の働け草が広がらないようにしています。

週に1度ぐらいしか行かないひとはそのほうがいいでしょう。畑を借りるというよりも、収穫したものをあらかじる購入する権利として契約するので楽ちんです。

家庭用耕耘機の選び方

農家で使えよ恵那パワーのある、耕耘機はもったいないですが・・・

 

家庭菜園で一番しんどいのは耕すという労働です。

 

これが辛くてあきらめてしまうことが結構あります。

 

雑草も耕耘機で耕しておけば生えにくくなりますしね。

 

今は、家庭菜園者向けの商品がでています。

 

電動耕耘機は、電源が近くにあれば、結構パーもあり、メンテもあまり必要ないので楽ちんです。

 

電動耕耘機の比較

電動耕耘機

 

また燃料の管理が楽な、カセットガス声延期もとても便利です。

 

ガス耕耘機の比較