銀行も消費者金融も借りにくくなった場合どこに行きつくのか

現金を借りたい時に利用すると言えば、消費者金融のカードローンですが、

 

総量規制ができてからは、たくさんの消費者金融が倒産などしてしまったせいなのか、

 

銀行がその受け皿として消費者金融商品に力を入れてきました。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象とならないので、人気があるらしく、カードローン人気ランキングにも銀行のカードローンがいくつも出ていました。

 

最近はネット銀行も多いですし、店舗のある銀行ですも、ネットだけで申込できるて、来店する必要が無く、金利も低いというのが人気の理由だと思います。

 

ただ、総量規制を受けないと言っても、銀行ですから、そんなにリスクを冒してまで融資しようという事はあり得ないので、当然のことながら、審査はノンバンクよりも厳しくなります。

 

あくのまで制度上総量規制を受けないだけなので、総量規制の借入の対象とならない住宅ローンなど、借金については全部審査のたいょうになりますから、

 

すでに総量規制いっぱいまで借りている人が、銀行のカードローンだから、総量規制を受けないかというだけで審査が通るわけではないのでその点は勘違いしてはいけません。

 

返済能力次第であることは、どこで借りても同じですからね。

 

ただし、ほかに儲け口が無い銀行はどんどん審査を緩くしてしまい、年収の2分の1ぐらいは普通になり・・・

 

さらに、年収以上に貸し出しているケースもでてきて、2017年批判を浴びました。

 

その結果審査が厳しくなり、通りにくくなりました。

 

消費者金融は、総量規制で借りにくいままです。

 

どこからも借りられなくなった人は・・・・どこから借りるかと言えば、闇金かなとも思います。

 

まあ、借りなければならない状況になる方が悪いともいえますが・・・

 

運の和名人もいるわけで、そういう状況にならざる負えなかった人もいるので、難しいところです。

 

関連ページ

キッャシングやローンを見直そう
保険、年金、ローンの見直しから家庭菜園で食の見直し、太陽光発電で光熱費の見直しなど、あらゆく暮らし生活の見直しをまで考えていきます。