ものすごい円高ですね。というよりドル安といったほうがいいのかも・・・

 

でも、元や韓国ウォンに対しても円高になっていますから、世界的に円高といってもいいでしょう。

 

スイスフランなんて円よりもドルに対して今年高騰していて大変そうですね。

 

スイスにいくのは、ちょっと、物価も高く感じることになるわけで、損ですね。

 

これにたいして、新興国では円の強さがおいしいことになります。

 

今、シンガポール、マレーシア、ジコールバルなどの不動産投資が宣伝されているように、この円高を利用して新興国へ投資するのは、いいのかもしれません。

 

老後資金のための資産運用として、長期的な見通しで考えてもいいかもしれませんね。

 

カンポジアも今年証券取引所ができましたからおもしろいでしょう。

 

新興国で会社を設立し、開業するというのも1つの手です。

 

日本で独立開業するよりも、少ない資金でできますし、日本で経済成長期に儲かったビジネスを無効にもっていけばいいだけですから、新たなビジネス考えなければならないいけない日本よりもいいかもしれません。

関連ページ

54万人のパートの手取りが減る?掛け持ちや在宅ワークの場合はどうなるの?
保険、年金、ローンの見直しから家庭菜園で食の見直し、太陽光発電で光熱費の見直しなど、あらゆく暮らし生活の見直しをまで考えていきます。
資格取得で収入を増やそう
副業がだんだん認められる社会になってくると思います〜資格を取って副業で足りない収入を補っていくべきでしょう。